メニュー
アーカイブ
【おすすめ】ヘアケア商品紹介➜クリック

【たったの10分!?】自宅で簡単!ヘアケア方法!お風呂で美容院並みに!?

女性

正しいヘアケアってどうやってすればいいの?

ヘアケアの方法は意外と知られておらず、やっていないことが多いです。

髪の毛あるある
  • ダメージケアするの大変。。。
  • 乾燥がすごく絡まりがひどくなる。。。
  • ダメージが多くなり、毛先が絡まって最悪。。。

女性の大きな悩みは「ヘアケア」です。

たった10分の正しいヘアケア方法をすれば、髪の毛のダメージを最小限にできます

ハマスケ

実際僕もダメージ毛でパサパサでした。。。笑

ハマスケ

毎日かんたんな方法でダメージを抑えられるので、今日からでもやってみましょう!

気になるところクリック

シャンプー編

シャンプーは優しく洗う

シャンプーをするとき爪を立てて洗ってはいませんか?

実は、爪を立てて洗うことはやってはいけません。

髪の毛を掻きながら(強く)洗っては、ダメージに繋がります。頭皮を指の腹でやさしく、頭皮をなでるように洗いましょう

シャンプーは2回洗いが鉄則です。1回目は汚れと油分を流し、2回目で頭皮の汚れを落とすイメージで洗います。シャンプーは髪の毛を洗うのももちろんですが、頭皮をキレイにするのが大きな目的です。

朝にシャンプーをしてはダメ

「朝起きたら汗がひどいから朝シャンをする」⇦朝シャンは絶対にやってはいけません。

朝は油分が少ない状態なので、シャンプーをしたら、頭皮と髪の毛が乾燥します。

朝にお風呂に入りたい気持ちは分かりますが、シャンプーをするのではなく、お湯で流す程度にしましょう。

1分以上入念に流す

髪の毛をシャンプーしたら、どれくらい流しますか?最低でも1分以上は流すようにしましょう。

なぜ1分以上流すのか?理由は、髪の毛だけを流して満足している人が多いからです。頭皮もしっかり流さないといけません。

特にロングの女性は入念に流してほしい。

「毛先の泡が流れ落ちた!」と満足して頭皮のシャンプーを流しきれていないことがあります。

髪の毛だけキレイに泡を落とせているが、頭皮はキレイになっていません。

頭皮もキレイに流さないと、頭皮がかゆくなる原因になります。頭皮がかゆくなり、頭皮を搔き続けると荒れてしまいます。

必ずシャンプーを流すときは1分以上流すようにしましょう。

ハマスケ

シャンプーのおすすめはこちらに書いてあります!

どれでも初心者におすすめなので、ぜひ参考にしてください!

あわせて読みたい
ヘアケアに役立つ商品を一挙ご紹介! ヘアケアに役立つ商品を一挙ご紹介!!これさえ見れば自分はこれを使えばヘアケアを出来るようになるのか分かりますニャ!!! 【アマゾンで買えるおすすめシャンプーと...

トリートメント編

トリートメントは中間~毛先まで

トリートメントは根元にはつけずに、中間~毛先までしっかりつけましょう。

ダメなトリートメントのつけ方
  • 根元からトリートメントをつける
  • シャンプーのようにシャカシャカつける
  • 頭皮にべったりつける

上記のやり方はハゲに繋がるので、絶対にやらないようにしましょう。

トリートメントのつけ方をとても分かりやすく解説されています!

ハマスケ

根元からつけると頭皮が息できなくなりハゲる原因になります。

全体につけるのはもちろんいいことですが、根元は生えてきたばかりのキレイな髪の毛なのでつけなくても大丈夫です。

トリートメントのつけ方は、毛先を小さく丸めてニギニギします。そうすると、毛先の中までしっかり浸透します。

これを「ニーディング」といいます

トリートメントもしっかり流す

トリートメントは意外かと思われますが、トリートメントはしっかり流した方が良いです。

トリートメントは中に浸透させるので、お湯で流れることはあまりありません。(ずっと流し続けるとトリートメントは流れます)

お湯で流すトリートメントは髪の毛の外側(キューティクル)についているトリートメントを流しています。

トリートメントが取れてくる原因は3つあります。

  • シャンプー
  • 紫外線
  • ドライヤー

上記の3つはトリートメントが取れてしまいます。

おすすめトリートメントはこちら

あわせて読みたい
ヘアケアに役立つ商品を一挙ご紹介! ヘアケアに役立つ商品を一挙ご紹介!!これさえ見れば自分はこれを使えばヘアケアを出来るようになるのか分かりますニャ!!! 【アマゾンで買えるおすすめシャンプーと...

ドライヤー編

髪の毛を乾かす前に、クシで梳く

髪の毛を乾かす前に、クシで梳くようにしましょう。

乾くスピードが速くなり、キューティクルも整わせながら乾かせることができます。

クシでとかずドライヤーをしてもキューティクルが整いません。

クシを使わず乾かすと毛先が絡まったまま乾いてしまうので気をつけましょう。

洗い流さないトリートメントをつける(つけすぎ注意)

トリートメントにはつけて流すトリートメントと、つけて流さないトリートメントがあります。

洗い流さないトリートメントは乾かす前につけるもので、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。

洗い流さないトリートメントの種類
  • オイルタイプ(乾燥毛・剛毛・多毛・ダメージ毛向け)
  • クリームタイプ(乾燥毛・ダメージ毛・クセっ毛向け)
  • スプレータイプ(軟毛・直毛・天パ向け)
ハマスケ

洗い流さないトリートメントは3つの種類があります!

その中でおすすめするのは、スプレータイプです!
スプレータイプは他につけることなく、髪の毛にシュッシュッとつけるだけ!手元がベトベトならずとても便利!

スプレータイプのおすすめ洗い流さないトリートメント

髪の毛の根元から先に乾かす

髪の毛を毛先から乾かすと、パサパサした仕上がりになります。

シャンプーして頭皮から先に流すのと同様に、髪の毛も根元から流します。

根元を乾かしているとき、毛先も勝手に乾かしているので、全体的にバランスよく乾かせることができます。

毛先乾かしてから根元を乾かすと、毛先をもう一度乾かしてオーバードライになるので気をつけましょう。

乾かし方の順番

STEP
頭皮を乾かす
STEP
中間乾かす
STEP
毛先乾かす

順番通りに乾かせばキレイになるので、必ずこの通りにしてください。

8割乾いたら、洗い流さないトリートメントをつける(半プッシュ)

髪の毛が8割程度乾いたら、もう一度洗い流さないトリートメントをつけましょう。

少しだけつけるとトリートメントがなじみ、質感が変わります。

ハマスケ

最後のセットで洗い流さないトリートメントをつけるのなら、つけなくても大丈夫です!

最後は冷風で冷ます

最後に冷風で髪の毛を冷ますことで、髪の毛のキューティクルを整えてツヤがでてきます。

髪の毛を乾かすとき、温風で一気に乾かしですが、強風で温風だとキューティクルがなかなか閉じません。

最後は冷風を当てて、温風によるダメージをなくすことで、ツヤがでてキレイな仕上がりになります。

ハマスケ

冷風を当てるときは上からあててキューティクルを閉じるイメージで冷ましましょう!

現役美容師が乾かし方を徹底的に解説しています!

まとめ

今回は10分でかんたんにケアができる方法を書いてみました。意外と知らなかったことがあったかと思います。

「今回紹介した方法を全部やってほしい」とは思いません!少しずつ改善出来ればいいんです。

まずはとりあえずやってみること!これが一番大事です!

ハマスケ

最後まで見ていただきありがとうございます!

他にもヘアケアに関する記事があるので、ぜひ参考にしてください!

ハマスケ
Webライター、ブロガー、Webメディア
東京で美容師をしてました。

現在Webライターとして発信中。

毎月髪の毛の色変えまくってたらヘアケアに詳しくなりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところクリック
閉じる